セロトニンを増やすサプリはこれだ!

 

サプリと一緒にやりたいセロトニンを増やす朝の運動

 

夜になったらちゃんと寝るようにして、早朝に起きるようにすることで、セロトニンを増やしやすくすることが出来るようになります。

 

セロトニンをさらに効率よく増やしたいのであれば、早朝起きたあとに、ウォーキングをしたりヨガなどをするようにしましょう。いつもよりも30分くらい早く起きるようにすれば、早朝の軽い運動をすることが可能になるでしょう。

 

夜に起きていて、朝寝ているような生活をしてしまっていると、セロトニン神経も弱くなり、セロトニンが減少してしまいます。しかし、これまでの生活習慣に慣れてしまっていると、早起きをするというのは思っているよりも難しいですよね。

 

特に、残業で寝るのが遅いという人の場合、少しでも長く睡眠をとるようにしたいと思って、早く起きたくないと考えてしまいやすいものです。

 

ですが、人間の体というのは、元々体内時計があるものです。この体内時計というのは、人間の正しい生活リズムを刻むための物なのですが、体内時計に沿わない生活をしてしまっていると、ホルモンなどの分泌にも大きく影響を与えることになるのです。その結果、うつ病になってしまったり、寝ることが出来なくなってしまうということもあるのです。ですので、今からでも体内時計に沿った生活をするべきです。

 

一般的な時間に出勤をするのであれば、朝の6時くらいに起床をして、軽くジョギングなどをして出勤をするといいでしょう。最初は慣れずに大変かもしれませんが、それが当たり前の生活のようにすごすようにすれば、だんだん慣れてくるようになり、朝起きるのが苦痛ではなくなるでしょう。

 

セロトニンを増やすサプリを飲みセロトニン不足を解消しよう!

 

サプリメントでセロトニンを増やそうと考えているのであれば、セロトニンの原料として使われている成分が豊富に含まれているものを選ぶようにしなくてはなりません。セロトニンというのは、人間の脳内で合成される物質になっていますから、外部からセロトニン事態を補給することは出来ないのです。

 

ですので、セロトニンの原料であったり、セロトニンの合成を促してくれる成分が配合されているサプリメントを選ぶようにしましょう。ただ、サプリメントで摂取していく場合、いくつか気になることがあるという人もいるのではないでしょうか?今回は、その気になることなどについてお話をしていきたいと思います。

 

サプリメントに副作用はないのか?

 

セロトニンサプリメントを摂取した場合、副作用が起きてしまわない下記になっている人もいるでしょう。日本国内で作られているサプリメントで、容量異常摂取していないのであれば、副作用が出てしまう危険性はほとんどありません。

 

セロトニンの原料として使われることになる成分というのは、アミノ酸のトリプトファンやビタミンB6などですので、摂取しても特に副作用の心配はないのです。

 

医薬品でセロトニンを補うという場合は、セロトニンを作り出すために化学成分が使われたりします。例えば、精神安定剤などが該当しますが、化学成分が含まれていますので、もちろんリスクがあります。その点、サプリメントは自然界に存在している成分を使って作られていますから、副作用のリスクは非常に低いと考えることが出来るのです。

 

また、医薬品の場合、強制的にセロトニンを合成させますので、過剰に作られてしまうとセロトニン症候群などになってしまう可能性も有ります。

 

サプリメントは、セロトニンを作るのに必要な材料を摂取するというものですから、過剰にセロトニンが分泌されることはないのです。

更新履歴