セロトニンを増やすサプリはこれだ!

サプリと一緒にやりたいセロトニンを増やす朝の運動

 

夜になったらちゃんと寝るようにして、早朝に起きるようにすることで、セロトニンを増やしやすくすることが出来るようになります。セロトニンをさらに効率よく増やしたいのであれば、早朝起きたあとに、ウォーキングをしたりヨガなどをするようにしましょう。いつもよりも30分くらい早く起きるようにすれば、早朝の軽い運動をすることが可能になるでしょう。

 

夜に起きていて、朝寝ているような生活をしてしまっていると、セロトニン神経も弱くなり、セロトニンが減少してしまいます。しかし、これまでの生活習慣に慣れてしまっていると、早起きをするというのは思っているよりも難しいですよね。

 

特に、残業で寝るのが遅いという人の場合、少しでも長く睡眠をとるようにしたいと思って、早く起きたくないと考えてしまいやすいものです。

 

ですが、人間の体というのは、元々体内時計があるものです。この体内時計というのは、人間の正しい生活リズムを刻むための物なのですが、体内時計に沿わない生活をしてしまっていると、ホルモンなどの分泌にも大きく影響を与えることになるのです。その結果、うつ病になってしまったり、寝ることが出来なくなってしまうということもあるのです。ですので、今からでも体内時計に沿った生活をするべきです。

 

一般的な時間に出勤をするのであれば、朝の6時くらいに起床をして、軽くジョギングなどをして出勤をするといいでしょう。最初は慣れずに大変かもしれませんが、それが当たり前の生活のようにすごすようにすれば、だんだん慣れてくるようになり、朝起きるのが苦痛ではなくなるでしょう。

 

 

セロトニンを増やすサプリを飲みセロトニン不足を解消しよう!

 

サプリメントでセロトニンを増やそうと考えているのであれば、セロトニンの原料として使われている成分が豊富に含まれているものを選ぶようにしなくてはなりません。セロトニンというのは、人間の脳内で合成される物質になっていますから、外部からセロトニン事態を補給することは出来ないのです。

 

ですので、セロトニンの原料であったり、セロトニンの合成を促してくれる成分が配合されているサプリメントを選ぶようにしましょう。ただ、サプリメントで摂取していく場合、いくつか気になることがあるという人もいるのではないでしょうか?今回は、その気になることなどについてお話をしていきたいと思います。

 

サプリメントに副作用はないのか?

 

セロトニンサプリメントを摂取した場合、副作用が起きてしまわない下記になっている人もいるでしょう。日本国内で作られているサプリメントで、容量異常摂取していないのであれば、副作用が出てしまう危険性はほとんどありません。

 

セロトニンの原料として使われることになる成分というのは、アミノ酸のトリプトファンやビタミンB6などですので、摂取しても特に副作用の心配はないのです。

 

医薬品でセロトニンを補うという場合は、セロトニンを作り出すために化学成分が使われたりします。例えば、精神安定剤などが該当しますが、化学成分が含まれていますので、もちろんリスクがあります。その点、サプリメントは自然界に存在している成分を使って作られていますから、副作用のリスクは非常に低いと考えることが出来るのです。

 

また、医薬品の場合、強制的にセロトニンを合成させますので、過剰に作られてしまうとセロトニン症候群などになってしまう可能性も有ります。サプリメントは、セロトニンを作るのに必要な材料を摂取するというものですから、過剰にセロトニンが分泌されることはないのです。

 

参考:http://www.standupmanup.com/

 

ストレスはセロトニン不足の原因に…

 

セロトニンは幸福感を感じさせる物質として、テレビなどでも紹介されるようになって来ています。このセロトニンが合成されにくくなってしまうと、欝の状態になってしまったり、焦燥感を感じるようになってしまうといわれています。

 

セロトニン不足になってしまっている状態をセロトニン欠乏脳というのですが、何が原因でセロトニンが不足する事態になってしまっているのでしょうか?

 

セロトニン欠乏脳になってしまう一因として考えられているのは、セロトニンを合成する役割を担っているセロトニン神経があります。このセロトニン神経というのは、セロトニンが分泌されすぎてしまうと、セロトニンをコントロールしています。

 

この結果、セロトニンが増えすぎてしまうと、セロトニン神経が調節をして、セロトニンが一定量になるようにコントロールをします。セロトニンの量をチェックするために用いられているのがセロトニン自己受容体と呼ばれるものなのですが、このセロトニン自己受容体の影響によって、セロトニンを溜め込めないようになっているのです。

 

また、ストレスによって、セロトニン欠乏脳になってしまうこともあります。セロトニンというのは、ストレスに弱いですから、慢性的にストレスを感じてしまっていると、セロトニンも合成されにくくなります。これによって、セロトニン不足の状態に陥ることもあるのです。

 

ストレス社会といわれている現代社会において、ストレスを常に感じているという人は少なくありません。このストレスが、セロトニンの合成を司るセロトニン神経を弱体化させてしまい、セロトニンの合成量が少なくなってしまうのです。

 

セロトニン欠乏脳になってしまっていると、うつ病などのような精神的な症状に悩まされやすくなっています。実際、うつ病を発症してしまった人の中で、セロトニン欠乏脳になってしまっている人は非常に多いといわれています。

 

自然治癒でセロトニン欠乏脳を解消させることが出来るというわけではありません。それに、セロトニン不足になると、体を動かすことも、外に外出をすることも面倒に思えてしまいます。これによって、精神的な症状が悪化してしまい、慢性的にうつ病の症状に悩まされてしまうということもあるのです。

 

漢方で育毛を本当にしていくことはできるの?

 

漢方薬も種類がたくさんありますから、育毛に効くサプリにしろ、漢方薬にしろ何を選べば育毛をしていきやすくすることができるのかよくわからない人は多いと思います。ですので、ストレスに強くなる漢方薬や皮脂の分泌を抑えてくれる漢方、発毛力を向上させる漢方などといった、育毛に役立つ漢方薬を幾つか紹介していきたいと思います。

 

・柴胡加竜骨牡蛎湯
柴胡加竜骨牡蛎湯という漢方薬は神経の緊張を和らげて、体と精神を安定しやすくすしてくれる働きを持っています。この柴胡加竜骨牡蛎湯には、円形脱毛症の陽や脱毛症に対して効果が期待出来るだけではなく、不眠症や自律神経失調症、更年期障害、不眠症などのような症状に対しても効果が期待できると言われています。

 

中でも、血行不良ではなく、生活環境やストレスによって引き起こされる円形脱毛症の改善効果が期待できるというのは、とても魅力的ではないでしょうか?また、自律神経を保ちやすくすることができるようになるため、血管を広げて頭皮に血液を送り込みやすくすることも期待できます。

 

・黄連解毒湯
必要以上に熱が体の中にたまりやすい人で、頭皮がベタベタしてしまったり毛穴が詰まりやすいのであれば、黄連解毒湯がおすすめです。この黄連解毒湯には、皮膚の湿疹や口内炎、皮膚炎、動悸、血の道症、更年期障害、神経症不眠症などのような症状に対して有効だとされています。

 

体の中に溜まってしまっている熱を排出させることで、頭皮のベタベタ感を改善したり、毛穴が詰まってしまうなどといった薄毛の原因を解消しやすくすることが出来ると言われています。皮脂を大量に分泌してしまいやすいという方は、この黄連解毒湯を服用してみることも検討してみると良いかもしれません。

 

更新履歴