トップページ > セロトニンが不足すると早起きが難しい?

セロトニンが不足すると早起きが難しい?

明日は朝早く起きるようにしようと決めているのに、どうしても寝過ごしてしまったり、眠気が取れなくて、いつまでも布団から出ることが出来ないという人は多いのではないでしょうか?

 

朝起きることができないのは、真剣に起きようとしていない体と思われてしまったりしてしまうと、起きるだけでも重圧感を感じてしまいやすくなります。

 

人間のホルモンの一つとして、セロトニンといわれる物質があります。このセロトニンは、精神を落ち着かせたり、精神疾患の改善をしていくホルモンとしても知られているのですが、寝起きに対しても関係が深いホルモンになっているのです。

 

セロトニンがどのように寝起きと関わっているのかを理解しておくことによって、いつもよりも早く起きても二度音をしてしまうということを改善させられるようになるかもしれません。

 

どうして早起きできないのか?

 

どうして早起きをすることが出来ないのかという原因は人によって違っているものです。例えば、しっかり寝ていなくて朝起きることができなかったり、夜遅くまで起きてしまっている、お酒を飲んでしまっているといった原因もありますし、うつ病やストレス、不安などといった精神的な原因で起きることが出来ないということもあります。

 

早起きをすることが出来ない原因というのは、このようにいくつもあるのです。本当に朝起きられるようにしたいのであれば、どうして朝起きることができないのかを特定することから始めなくてはなりません。

 

セロトニンを増加させることによって、このような原因を取り除くことも可能ですので、セロトニンをしっかり増やせるようにしましょう。