トップページ > 腸内セロトニンが過敏性腸症候群の原因?

腸内セロトニンが過敏性腸症候群の原因?

過敏性腸症候群といわれる病気があるのですが、この過敏性腸症候群は、20代から40代で発症する人が多いです。この過敏性腸症候群というのは、腹部に不快感や腹痛を感じるようになり、その後に便秘や下痢などといった症状が出るようになります。しかし、症状については分かっているのですが、現在のところ何が原因で発症してしまっているのかはわかっていません。この過敏性腸症候群の危険性や、原因として有力候補である腸内セロトニンのことをお話ししたいと思います。

 

・過敏性腸症候群になるとどんな症状があるの?

 

過敏性腸症候群というのは、色々な症状が現れますし、人によって症状の現れ方が違っています。例えば、仕事の会議や資格や入学などの試験で緊張やストレスを感じたときに、急に下痢と腹痛を感じるようになるといった症状が出る人が多いです。そのため、普段の生活にも問題が生じてしまっているという人もいるのです。

 

・過敏性腸症候群の原因は?

 

過敏性腸症候群の原因ははっきりと分かっているわけではないのですが、ストレスや生活習慣が乱れていることなどが原因の一つになっているのではないかと考えられています。また、最近は、過敏性腸症候群は腸内セロトニンといわれる物質が原因になっているのではないかとされています。

 

・腸内セロトニンとは

 

セロトニンというのは、精神的に安定をもたらしてくれる神経伝達物質として知られているのですが、脳で分泌されているのではなく、腸で分泌されています。そして、体の中に存在しているセロトニンというのは、脳には2%しか存在していないのですが、腸内には90%も存在しているといわれています。

 

ストレスなどを脳が感じるようになったら、腸にそのストレスが伝達されるようになり、セロトニンが腸内で分泌されていきます。
そして、腸内に存在しているセロトニン受容体と結合をするのですが、これによって腸に問題が生じてしまって、過敏性腸症候群の症状が出ているのではないかと考えられているのです。

 

過敏性腸症候群を発症している人の場合、腸にストレスの信号が伝達されやすくなり、セロトニンの働きが過敏になってしまっているといわれています。命を落としてしまう危険性があるという病気ではないのですが、慢性的に症状が出やすいですので、ストレスを可能な限り感じないようにしていくことが大切です。