トップページ > セロトニンを増幅する食事

セロトニンを増幅する食事

普段の食事にも注意を払うことによって、セロトニンを増やしていくことも可能になります。セロトニンは脳内で合成されている物質ではあるのですが、食事から摂取する栄養素が材料として用いられることになります。ですので、セロトニンを増やすためには、普段の食事も気をつけなくてはならないわけです。

 

セロトニンは必須アミノ酸であるトリプトファンを原料にしています。必須アミノ酸ですから、体の中で作り出すことが出来ないですので食品から取り込んでいかなくてはなりません。また、最近はダイエットをしていたり、栄養バランスが偏ってしまっている人が多いのですが、これでは栄養不足になってしまい、トリプトファンなどのようにセロトニンを作るのに必要な栄養素が足りなくなってしまいます。

 

それに、リズム運動はセロトニンを増加させるために重要な動作になっているのですが、このリズム運動のひとつとして、何かを食べるときの咀嚼も含まれているのです。必須アミノ酸のトリプトファンは乳製品や大豆、米、魚介類などのようにたんぱく質が存在している食べ物に含まれています。

 

栄養が偏っていたり、過度な食事制限をしてしまうと、必要になる栄養素も十分に摂取することが出来ません。これによって、十分にセロトニンを摂取することが出来なくなってしまいやすくなるのです。

 

リズム運動をすることによって、セロトニン神経に刺激を与えることが出来るようになっており、咀嚼以外にも、スクワットや踏み台昇降、ウォーキングなどをするといいでしょう。

 

なお、トリプトファンが多く含まれている食べ物をしっかり食べていても、腸内環境が乱れてしまっていると、十分に脳に送ることが出来なくなってしまいます。ですので、腸内環境を改善させていくこともしなくてはなりません。なので、セロトニンの元になる栄養素だけではなく、腸内環境を改善させていくための栄養素もしっかり摂取しなくてはなりません。